Servlet日記(2000/12/09)

本日の成果

 え〜、ひさびさにServlet日記を更新してます。JBuilder 4 Professionalがやってきたので、目玉の一つであるInternetBeans Expressで遊んでみました。

 ま、最初はチュートリアルに(だいたい)従って進めましょう。サーブレットウィザードで新しくサーブレットを作り、設計画面でInternetBeansタブからixPageProducerを選んで一つ置きます。

 次に、こnPageProducerが使うテンプレートを作成します。とりあえず、次のようにしてみました。これをPageProducerのhtmlFileプロパティに設定します。

<html>
<head><title>test</title></head>
<body>
<p>これは、PageProducerのテストです。</P>
</body>
</html>

 doGetメソッドは、こんなかんじ。

  public void doGet(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response)
      throws ServletException, IOException {
    response.setContentType(CONTENT_TYPE);
    ixPageProducer1.servletGet(this, request, response);
  }

 で、さっそく動作確認です。プロジェクトペインのサーブレットソースコードでポップアップメニューからWeb実行を選ぶと、Tomcatが起動して結果が表示されます。こういう風に、開発環境内で動作確認できるのは便利ですね。Webブラウザを起動して、表示されているURLにアクセスすると、同じ結果が表示されることも確認しました。

 これだけでは何のありがたみもないので、チュートリアルにあるように、データベースの値を読み出して表示するように変更します。まずテンプレートには、次のようにTableタグを追加します。このid属性で、Tableを識別するようです。

<html>
<head><title>test</title></head>
<body>
<p>これは、PageProducerのテストです。</P>
<table id="db2sample"></table>
</body>
</html>

 サーブレットには、Databaseコンポーネント、QueryDataSetコンポーネント、ixTableコンポーネントを置きます。最初の二つのコンポーネントの設定は、DB2探検隊(2000/12/02) JBuilder4と同じなので省略。ixTableコンポーネントの方は、pageProducerプロパティに上で作成したPageProducerを指定し、dataSetプロパティにはQueryDataSetを指定します。問題はelementIdで、最初は選択肢が何も出なかったのですが、保存したり表示するファイルを切り替えたりしているうちに、いつのまにかdb2sampleが選択可能になっていました。

 これで動作確認すると、このように、ちゃんとEMPLOYEEデータベースの内容が表示されました。

 いろいろ疑問に思うこともあるのですが、今日はここまで。

本日の教訓

 JBuilder 4のInternetBeans Expressの簡単な使い方が分かった。

Servlet日記の目次 ホーム