Servlet日記(2000/01/09)

本日の成果

 Servlet API 2.2といえば、やはりWeb Applicationを試してみなければ。Tomcatインストールディレクトリ直下にあるserver.xmlファイルに、次のようにyamamotoworksを追加して(要するにコピーしただけなんですが ^^;)、それに対応するディレクトリも作りました。

        <Context path="/" docBase="webpages"
            defaultSessionTimeOut="30" isWARExpanded="true"
            isWARValidated="false" isInvokerEnabled="true"
            isWorkDirPersistent="false"/>

        <Context path="/yamamotoworks" docBase="yamamotoworks"
            defaultSessionTimeOut="30" isWARExpanded="true"
            isWARValidated="false" isInvokerEnabled="true"
            isWorkDirPersistent="false"/>

 作ったディレクトリの下に、Web-inf\classesディレクトリを作って、Servletのクラスファイルはそこにコピーします。ServletにアクセスするHTMLファイルをyamamotoworksの下にコピーすれば準備完了。Webブラウザからアクセスしてみると、問題なく動作します。ただ、FORMのURLで、/servlet/・・・のように書いてあるところは、servlet/・・・に直す必要がありましたが、これは元々の記述の問題という感じですね。

本日の教訓

 Web Applicationのための設定は分かりました。遊び場の準備は着々と整ってきました。

Servlet日記(2000/01/06) Servlet日記の目次 Servlet日記(2000/01/12)