Linux Log (2001/08/18)

 雑誌にServletとJSPの記事を書いて、その動作確認環境としてVine Linuxを使いましたが、サーバ版Linuxでも動作確認をするために、[1]に付いていたTurbo Linux Serverをインストールしてみました。とは言っても、インストールするマシンはエントリクラスのデスクトップマシンです。

 サーバ版のLinuxは、何か特別なインストール手順があるのかとも思っていましたが、サーバらしからぬハードであることも幸いして(?)、インストーラに従えばとっても簡単です。ただ、アカウントの設定のところで、ユーザを作成しようとしても、なぜかユーザ名を入力できず、パスワードしか入力できない現象が起こってしまいました。アカウントなら、後でいくらでもつくれるので問題ではないのですが。

 インストールタイプは、基本システム・インターネットサーバ・イントラネットサーバ・すべて、の中から、基本システムを選んだので、Xもインストールしません(今回はこれが重要)。なので、いつも問題になる810の認識も今回は起こらず、すんなりとインストール完了しました。

 で、起動して、仮想コンソールを切り替えて使えることを確認しました。私の使い方では、なんか、これで十分です。あ、Windowsマシンとディスク共有したいなぁ(FTPでは面倒なので)。

 ということで、インストールは簡単でした。ただ、これでは、何がサーバ版なんでしょ?という感じですが。まあ、準備完了したので、ぼつぼつ本来の目的の動作確認をしましょう。

参考文献

  1. 堀口幹友, Turbo Linux Server 6.5 サーバー構築ブック, アスキー, 2001年

[Linux Logの目次へ] [ホーム]