Linux Log (1999/04/24)

 前回インストールしてからしばらく使っていましたが、マウスがどうにも使いにくい(動きが悪い)ので、LogitechのFirst Mouseと交換しました。turboxcfgを実行してLogitechのそれらしいマウスを選択すると、ローラがちゃんと真ん中ボタンとして機能しているようです。


 本屋をぶらぶらしていると、[1]のような本が出ていました。このソフトが無償で提供されているのは知っていましたが、ダウンロードするのも面倒なので放ってありました。しかし、本の付録に付いているとなれば、話は別です。早速インストールしてみました。

 インストール自体は、rpmコマンドを使えば、(ディスクが遅いので時間はかかりましたが)簡単です。次にサーバの構築を行うためにsybinitを実行すると、CUIでメニューが出ます。初めは本の説明をちゃんと読んで理解しながら進めていましたが、だんだん面倒になって、最後の方はヘトヘトになりながら終わらせました。別に操作がたいへんというわけではないのですが、やはり、本格的なデータベースは、使うのに気合いを入れる必要があるのでしょうね。

 ちょっと動作を確認すると動いているようなので、今日はここまで^^;。ところで、Interbaseも本で出ているようです。そっちの方がSybaseほど本格的ではないので、ちょっと使うには簡単でいいかなぁ?

参考文献

  1. 男澤昌哉, 村田達宣, 中山房光夫, 詳解 SYBASE SQL SERVER on Linux, オーム社, 1999

Linux Logの目次へ