78K0班(2005/08/28) PWMその2

78K0班(2005/08/27) PWMではさらっと書きましたが、間違ってCMP01の設定を行っていることになかなか気づかず、あ〜でもない、こ〜でもないと試行錯誤したので、その備忘録です。


まず、タイマH0用にCMP00, CMP10があり、タイマH1用にCMP01, CMP11があります。ユーザーズマニュアルでCMP0nとかCMP1nになっていて、最後の数字がタイマHnの番号ですね。間違ってCMP01の設定を行うと、CMP00の設定は有効なのでボヤッと光るものの、設定したいデューティー比が反映されません。

TOH0はユーザーズマニュアルによれば下図のようになっていて、この兼用機能がタイマH0出力のようです。P15とタイマH0出力がORになっているのは要注意と思いました。タイマH0出力はTMHMD0のTOEN0で制御できますが、P15は直結されています。タイマH0出力を使うときは、P15を「0」にする必要があります。逆にP15出力を使いたい場合は、TOEN0でタイマH0出力しない(これが普通でしょう)か、出力のデフォルト値であるTMHMD0のTOLEV0を「0」にするのでしょう。また出力するかどうかをPM15で決めるので、タイマH0出力を使うときにも、PM15を出力にする必要があります。

というようなことの組み合わせで、試行錯誤して苦労しましたが、今ではいい思い出です ^^;


ホーム 特殊工作室 78K0班