DelphiプログラマのためのCGI入門

DelphiプログラマのためのCGI入門
〜WebBrokerでらくらくプログラミング〜
品切れ絶版です
CQ出版
書籍案内のページへ
定価1,890円(税込)
ISBN 4-7898-3591-X

 ここは、「DelphiプログラマのためのCGI入門」のサポートページです。

最終更新日:1999年11月17日



目次

      まえがき

      第1章 はじめに
        1.1 本書の構成
        1.2 前提とする知識
        1.3 ソフトウェア環境

      第2章 CGI概要
        2.1 CGIとは
        2.2 URL
        2.3 リクエストメソッド
        2.4 フォーム
          2.4.1 <FORM>
          2.4.2 <INPUT>
          2.4.3 <SELECT>
          2.4.4 <TEXTAREA>
        2.5 CGIの仕組み
          2.5.1 CGI
          2.5.2 Windows-CGI
          2.5.3 ISAPI/NSAPI
        2.6 Delphiで作成したCGIプログラムの特徴
          2.6.1 Delphiで作成したCGIプログラムの構造
          2.6.2 マルチスレッドへの対応

      第3章 CGIプログラムの作成手順
        3.1 ISAPIの場合
          3.1.1 プログラムの作成手順
          3.1.2 Windows NTの設定
          3.1.3 デバッガの設定
          3.1.4 動作確認
        3.2 NSAPIの場合
          3.2.1 Webサーバーの設定
          3.2.2 プログラムの作成と動作確認
        3.3 Windows-CGIの場合
          3.3.1 プログラムの作成手順
          3.3.2 動作確認
        3.4 CGIの場合
          3.4.1 プログラムの作成手順
          3.4.2 動作確認

      第4章 Webレスポンスオブジェクト
        4.1 Webレスポンスオブジェクトとは
        4.2 Contentプロパティ
          4.2.1 Contentプロパティの簡単な使用例
          4.2.2 カレンダー表示
          4.2.3 データベース内の文字列の表示
        4.3 ContentTypeプロパティ
        4.4 ContentStreamプロパティ
          4.4.1 ContentStreamプロパティの簡単な例
          4.4.2 画像の動的な生成
          4.4.3 データベース内の画像データを返す方法
          4.4.4 画像を返すCGIプログラムにアクセスする方法
        4.5 SendResponseメソッド
        4.6 SendStreamメソッド
        4.7 応答を返すプロパティ・メソッドの比較
        4.8 カスタムヘッダー
          4.8.1 HTTPヘッダーチェックプログラムの作成
          4.8.2 CustomHeadersプロパティ
        4.9 SendRedirectメソッド
        4.10 LogMessageプロパティ
          4.10.1 IIS3の場合
          4.10.2 IIS4の場合

      第5章 コンテンツプロデューサ
        5.1 コンテンツプロデューサとは
        5.2 TPageProducer
          5.2.1 TPageProducerの簡単な使い方
          5.2.2 HTML透過タグの使い方
          5.2.3 テンプレートの指定方法の比較
        5.3 TDataSetTableProducer
        5.4 TQueryTableProducer
        5.5 TDataSetPageProducer

      第6章 Webディスパッチャ
        6.1 Webディスパッチャとは
        6.2 PathInfoによるWebアクションアイテムの選択
        6.3 リクエストメソッドによるWebアクションアイテムの選択
        6.4 デフォルトWebアクションアイテム
        6.5 Webアクションアイテムの優先度
          6.5.1 通常のWebアクションアイテムの優先度
          6.5.2 デフォルトWebアクションアイテムの優先度
        6.6 Handled引数
        6.7 OnBeforeDispatchとOnAfterDispatchイベントハンドラ
        6.8 Enabledプロパティ
        6.9 ディスパッチ処理のアルゴリズム
        6.10 データモジュールを使う場合

      第7章 Webリクエストオブジェクト
        7.1 Webリクエストオブジェクトとは
        7.2 Webリクエストオブジェクトの各プロパティの内容
        7.3 UserAgentプロパティを用いたWebブラウザの判定
        7.4 ContentFieldsとQueryFields
        7.5 URLエンコード
        7.6 データベースへの登録
        7.7 UrlManagerの作成

      第8章 CGIプログラムの作成技法
        8.1 マルチスレッドへの対応
        8.2 ユーザー認証
          8.2.1 HTTPに基づくユーザー認証
          8.2.2 Base64エンコード
          8.2.3 独自の認証処理
        8.3 排他制御
        8.4 アクセス権
        8.5 Webモジュールの生成と破棄
        8.6 漢字コード
        8.7 Cookie
        8.8 Webブラウザ上で動作するプログラムとの連携
        8.9 アップロード

      第9章 Webデータベースシステムの作成
        9.1 仕様
        9.2 画面構成と操作
        9.3 使用例
          9.3.1 アクセス
          9.3.2 新規登録
          9.3.3 検索
          9.3.4 更新
          9.3.5 削除
        9.4 簡略版一覧表示の実装
        9.5 Webデータベースシステムの実装
          9.5.1 処理概要
          9.5.2 一覧表示の拡張
          9.5.3 データ検索
          9.5.4 検索解除
          9.5.5 データ登録
          9.5.6 データ更新
          9.5.7 データ削除
        9.6 URLによる操作

      第10章 Webデータベースシステムの拡張
        10.1 複数画面からなるシステム
          10.1.1 使用例
          10.1.2 単一のWebアクションアイテムによる実現
          10.1.3 複数のWebアクションアイテムによる実現
          10.1.4 別CGIプログラムによる実現
          10.1.5 多数の画面からなる場合
        10.2 SQL Linkを用いたデータベースサーバーとの接続
          10.2.1 InterBase 4.2
          10.2.2 Microsoft SQL Server 6.5
          10.2.3 Oracle 8

      参考文献
      索 引
      プログラムリストの入手方法について

ダウンロード

 本書に掲載したソースコードなどを以下からダウンロードできます。処理系に合ったソースコードと、共通データをダウンロードしてください(例えば、Delphi4をお使いの場合、delphi4.lzhとdata.lzhをダウンロードしてください)。共通データには、画像データ、データベースなど、各処理系に共通に必要になるファイルを収録しています。

 ダウンロード後、展開してreadme.txtをご覧ください。なお、これらのアーカイブは、Norton AntiVirus 5.0により、ウィルスチェック済みです。

ソースコード Delphi3 delphi3.lzh 149,236バイト
Delphi4 delphi4.lzh 151,728バイト
C++Builder3 cpb3.lzh 161,534バイト
共通データ data.lzh 15,428バイト

 このアーカイブは、本書の読者の便宜を図るために、本書のプログラムリスト、データを収録したものです。収録ファイルの使用にあたっては、著者、出版社は一切の責任を負いません。


正誤表

場所 p.159 図9-19
入力フィールドの名前で、edt0, edt1, ..., edt4のように書いていますが、それぞれ以下の名前が正解です。(指摘頂いた白武さんに感謝)
edtF0, edtF1, ..., edtF4

問い合わせ

 本書の内容に関する問い合わせは、メールにてお願いします。


Delphi5への対応

 本書のプログラムをDelphi5で動作確認中です。現時点で分かっている変更点は、次の通りです。


ホーム