DB2探検隊(2000/08/20)

Linux Log (2000/08/16)で、ようやくLinuxが動くようになった新マシンに、DB2をインストールしました。こんどはLinuxなので、インストールに手間取るかと思いましたが・・・

使っているのがVineLinuxなのでRedHatと同じだろうと思って、ドキュメントの指示どおりにまずpdkshをインストール(実は、最初はこれをしなかったので、kshがないというエラーが出ました)。セットアップスクリプトを実行すると、今度は.bashrcに書かれたsourceコマンドが見つからないというエラーが発生。これはシェルに組み込まれた機能なので見つからなくて当然と思うのですが、kshがわざわざ.bashrcを読んでエラーを起こさなくてもよいと思いながら、面倒なので該当個所をコメントアウト。後で元に戻します。

これで無事にインストーラが起動しました。キャラクタで作られた画面が懐かしい感じ。私は英語モードでインストーラを起動したのですが、日本語版もあるのでしょうか?後は野生の勘でインストールオプションを選んでいきますが、どうもデフォルト値が直感と合わないので不安になります。あれこれ設定していくと、画面がスクロールしてしまい、同じ内容のボタンが2行連続して表示されたりするのはご愛敬です(cursesを使っているのでしょうか?)。最後の最後に、これがインストールオプションを見直す最後のチャンスだ〜と出るので、じっくり見直して、こんな設定をしたかな?と不安になったりしながらもOKを選んでインストール開始です。インストールが終われば、インストールオプションで選んだ項目について成功か失敗かが表示され、すべて成功したことを確認してインストール終了。

インストールオプションで、インスタンスの作成も、サンプルデータベースの作成も指示したので、サンプルデータベースを検索できることを確認して、動作確認完了。あとは、GUIの動作確認なんですが、時間切れで後日ということで・・・


[Index] [ホーム]